アーカイブ

TOP > 新着情報一覧 > 京都グルメ
京都グルメ

幻の『間人(たいざ)蟹』by.MRS M

2013/01/21

先日、私たちの結婚記念日ということで、

ちょっと奮発贅沢して、京都北部で有名な

『間人蟹(たいざかに)』

を食べてきましたーーーーー!!!!!!

※間人蟹とは…

松葉ガニの一種で、京都北部の間人(たいざ)漁港で水揚げされる、幻の蟹です!!

間人漁港は、小型の底引き網船が4隻だけの小さな漁港です。小型の船なので天候が荒れた日には漁が出来ません。特に12月から2月の冬の厳しい折には、海が荒れ漁が出来る日が限られてしまいます。そのため、間人漁港に蟹が水揚げされるのは極限られており、間人蟹が“幻の蟹”と呼ばれているそうです!!

さらに、その日水揚げされた蟹がそのまま、料亭や旅館等に出荷され、その日のうちに食される、肉質も最高級の蟹です。

そして、ブランドの蟹には、それを証明するタグが足についています。

初めて見ました。間人蟹は緑色でした。

宿の人も、仕入れたらすぐにお部屋に持ってきてくれて

「これはすごいよーーー!!!地元でもこんなん、めったにありつけへんでーーーー!!」

と興奮。

間人カニ.jpg

夫ははしゃいで2ショット。

私はビビッてカメラマン。

2ショット.jpg

とにかく、おいしく頂きました。

なんと、おいしすぎて、テンション上がりすぎて、

料理の写真を撮るのを忘れました。

普段から割と沢山のお酒を飲む私たち夫婦ですが、

この日は二人で中ビン3本と控えめに。

 

とにかく、蟹を満喫致しました♪

ボリュームも満点で、間人蟹と普通の蟹とで一人蟹2杯。

 

蟹一杯はもう、ギブアップで、ゆでガニを調理してもらい、

さばいてもらってしっかり持って帰りました♪

 

お宿は、源泉かけ流し温泉もあって、

民宿だったのですが、お料理もよくて、温泉も最高で、

温泉には4回くらい入りました。

 

また、行く予定。

はまりました。

 

帰りは、天橋立に行きました。

瓦投げをしました。

 

さらに、懲りずに海の幸を食べました。

 

とにかく最高でした。

 

蟹に満足した私は、その後、ほとんど写真を撮ることなく、

結婚記念日の旅を満喫致しました。

 

京都に長くご宿泊の方は、ご一泊京都の北部もオススメです♪

違うテイストの京都をご満喫頂けること間違いなしです♪

過去の記事

カテゴリー

ご宿泊日

人数 人 泊数

お電話によるお問合せ・ご予約:075-223-0111

ベストレート保証:当ホームページからのご予約が一番お得です

綿善の魅力

お宿での過ごし方

綿善便り

おみくじ付き:ホームページご予約特典

各種オプションプランのご案内

日館連やど日本