アーカイブ

TOP > 新着情報一覧 > 京都情報
京都情報

都をどり By.Mrs.M

2012/04/23

御無沙汰しております。スタッフのMです。

先日【都をどり】に行ってきました!!

念願だったので嬉しいです!!

さっそスタッフブログにアップさせていただきたく思います。

都をどりとは…

都をどりは原則として、総踊形式で一貫し、京都の名所などを長唄などで紹介しながら踊り、明治以来その形式で踏襲されている。

と、ウィキペディアにございました。

(私のつたない文章力では分かりにくいのでお借りしました。)

個人的には、都をどりを見に行くまでの間に通る花見小路通りなどの風景も楽しみながら

歌舞練場へと向かいました。

花見小路通り.jpg

晴れたぽかぽかした日には最高の気分で京都を歩けるこの道。是非とも都をどり以外にもご観光のお客様には

通って頂きたい道です。

余談ですが、今平清盛がNHKで放送されていますが、それらに由来するお寺も近くにありました。

ちょっと回り道しても楽しいエリアであることを再確認しました♪

都をどり入り口.jpg

そして、歩くこと数分。遂に歌舞練場へ到着。入り口観ただけで気持ちがウキウキとします♪

歌舞練場入り口.jpg

門をくぐると、歌舞練場の入り口があります。

ちなみに喫煙所は向かって右側。

歌舞練場の看板の前で男性が女性に場所を聞いて指をさしている方向です。

この指をさしている男性は、私の主人です。

どこに行っても煙草ばかり吸っています。

歌舞練場庭.jpg

さて、中に入ると、こんなお庭があります。

とても綺麗なお庭で、みんな沢山の写真を撮られていました。

心が贅沢な気分になるお庭です。

ちなみに、この写真の女性は私ではありません。

私の写真をアップすると、皆様の贅沢な気持ちが薄れてしまう可能性が大きいので控えます。

舞妓さんお点前.jpg

 さて、そこからお茶席権付きのチケットをゲットしていたので、舞妓さんのお点前を目の前で見ることが出来ました!

一番前の席に座ると、舞妓さんの点てたお茶を頂くことが出来ます。

知らずに座った若い男性が、舞妓さんからのお茶にビックリしていました。

私も知らなかったから、もし一番前でそんな贅沢な状況になってしまったらびっくりして、

硬直すること間違いありません。

 

おいしくお茶菓子も頂き、また、そのお茶菓子のお器は頂いて帰れるので、

いい記念になると思います♪

 

隣でおいしそうにお茶菓子、お茶を頂いている主人でしたが、

器を持って帰れると聞いて、嬉しそうにお皿とお茶碗を包んでいました。

 

ダメです。

 

持って帰れるのは、お皿だけです。

若干の叱りを入れつつ、ウキウキと観客席へ移動。

 

ここからは撮影禁止とされていたので、写真はありませんが、

素敵な舞妓さんや芸子さんの演奏や踊りを楽しみました。

 

今回は平清盛がテーマとなっていて、厳島神社など様々なシーンを観ることが出来ました。

 

特に最後の全員集合のフィナーレは感動です。

 

もう少しで都をどりは終わりますが、京都には他にも【をどり】があるので、機会を作ってまた行ってみたいと思います♪

京都へ来る日が前々から決まっているようでしたら、是非とも一度京都の【おどり】を観て頂ければいいなと思います。 

過去の記事

カテゴリー

ご宿泊日

人数 人 泊数

お電話によるお問合せ・ご予約:075-223-0111

ベストレート保証:当ホームページからのご予約が一番お得です

綿善の魅力

お宿での過ごし方

綿善便り

おみくじ付き:ホームページご予約特典

各種オプションプランのご案内

日館連やど日本