アーカイブ

TOP > 新着情報一覧 > 新着情報
新着情報

祇園祭2011 山鉾巡行 7月17日

2011/07/17

本日は祇園祭のメインである山鉾巡行が行われました。今年は宵山から山鉾巡行にかけての4日間、本当に良いお天気に恵まれましたね。

本日の巡行は最初の長刀鉾が四条烏丸を9:00にスタートし、四条河原町、河原町御池の交差点を曲がり、烏丸御池に到着したのが11:30頃でした。そして7月2日の「くじ取式」により巡行の順番が決められた鉾が長刀鉾の後ろにどんどん続いていきました。

私は今回初めて山鉾巡行を見に行きました。写真やパンフレットで見るのとではやはり迫力が全然違い、それぞれの鉾や山の特徴や意味を考えながら見るととても魅力的で、見所満載の山鉾巡行に大満足です。祇園祭を見たことがない方、今からご紹介しますので写真と意味をご覧頂いて、山鉾巡行について知っていただければと思います。

 

 

まず先頭は「長刀鉾」です。鉾先に大長刀をつけ、疫病邪悪をはらいながら巡行の先頭をつとめるため、この鉾は古来より「くじ取らず」の鉾であります。

 長刀鉾4.JPG

 

次は「霰天神山」です。京都で大火があった際に霰を降らし火を鎮めたといわれる天神像が祀られています。

 霰天神山.JPG

 

 

次は「孟宗山」です。「たけのこ山」とも言い、病気の母のために孟宗が雪の中で筍を探し回り、ついに掘り当てて母を喜ばせたという中国の史話にちなんでいます。

 孟宗山.JPG

 

次は「芦刈山」です。謡曲「芦刈」に基づき、妻と離れ離れになった男が難波の浦で芦を刈る姿をあらわしています。

 芦刈山.JPG

 

次は「函谷鉾」です。中国斉の孟嘗君が函谷関で家来に鶏の鳴き声をまねさせて関門を開かせ難を逃れたという故事にちなんでいます。ちょうど河原町御池の交差点を曲がる時だったので、鉾が方向を変えるために動く度に歓声と拍手がおこり盛りあがりました。函谷鉾.JPG

 

次の「油天神山」に祀られている御神体は菅原道真であります。

油天神山.JPG

 

次は「四条傘鉾」です。傘の上に御幣と若松を飾ってあるのが特徴です。

四条傘鉾.JPG

 

次の「保昌山」は御神体の緋縅の鎧に太刀をつけ紅梅を持っています。

保昌山2.JPG

 

次は「月鉾」を力強く引っ張っている様子です。月鉾2.JPG

 

次の「太子山」は聖徳太子を祀る山です。

太子山.JPG

 

次の「占出山」は、神功皇后が松浦で鮎を釣って戦勝のしるしとした日本書紀の説話を題材にした山です。

占出山.JPG

 

次は「木賊山」です。我が子を人にさらわれて一人木賊を刈る翁が、やがて再会の喜びにひたるという謡曲「木賊」を題材にした山です。木賊山.JPG

 

次は「鶏鉾」で、鉾の中でとても鮮やかなのが特徴です。ちょうど鉾が動くかけ声があがっていました。鶏鉾3.JPG

 

次は「伯牙山」。別名「琴破山(ことわりやま)」と呼ばれる古代中国の琴の名人あった伯牙が友の死を嘆いている姿を描いております。

伯牙山2.JPG

 

次の「綾傘鉾」は現在の鉾の形になる以前の傘鉾の形態をしている鉾です。鉾の前には赤い髪をして、顔を白い布で隠しながら棒を振って歩く人や太鼓をたたく人が歩いていてとても華やかで印象的でした。暑さのため水分補給をしている瞬間ですが、顔を隠さないといけないため水分補給も大変そうでした。綾傘鉾.JPG

 

次は「郭巨山」別名「釜堀り山」ともいわれる山です。地中より黄金を掘り当てている様子を描いております。

郭巨山.JPG

 

次の「菊水鉾」は、町内に古くからあった井戸「菊水井」にちなんでなづけられています。動く度に大きな車輪がメキメキと音をたてていました。

菊水鉾3.JPG

 

 次の「白楽天山」は、唐の詩人白楽天と道林禅師が仏法について問答を交わしている姿を現しています。

 伯楽天山.JPG

 

次の「山伏山」の御神体は山伏・浄蔵貴所です。

山伏山.JPG

 

次の「蟷螂山」はかまきりがとても印象的です。

蟷螂山.JPG

 

次は「放下鉾」を引っ張っている様子です。鉾頭は日・月・星三光が下界を照らす形を示しています。

放下鉾.JPG

 

次は「岩戸山」です。山とはいえ、室町時代に狩野永徳の洛中図屏風で見られる岩戸山にはすでに車輪が描かれており、鉾と同じ車輪をつけた曳山です。

岩戸山2.JPG

 

次は「船鉾」で、私が最も楽しみにしていた鉾です。他の鉾とは違い舟の形をしているので、力強く引っ張られている様子はすごく偉大で、是非皆さんにも見ていただきたいです。

船鉾4.JPG

 

次は「北観音山」です。2人の音頭取の方がかけ声をかけ進む瞬間です。

北観音山2.JPG

 

次は「橋弁慶山」で、京都で有名な五条大橋で牛若丸と弁慶が戦う姿をあらわしています。

橋弁慶山3.JPG

 

次は「八幡山」です。町内に祀られている八幡宮を山の上に勧請した山です。

八幡山.JPG

 

次の「鯉山」はご覧の通り大きな鯉が祀られています。

鯉山.JPG

 

次は「役行者山」で、修験道の開祖、役行者小角が大峰山と葛城山との間に石橋をかけようと、一言主命に石を運ばせたという伝説に由来しています。

役行者山2.JPG

 

次は「鈴鹿山」で、伊勢国鈴鹿山に悪鬼が出て人々を悩ませたので、瀬織津姫命が退治した伝説にちなんでいます。

鈴鹿山.JPG

 

次の「黒主山」は、桜と真松が飾られておりとても華やかでした。

黒主山.JPG

 

次は「浄妙山」です。こちらも印象的な山でした。「平家物語」の宇治川の合戦で、戦場に1番乗りをしようとした三井寺の僧兵・筒井浄妙の頭上を、一来法師が飛び越えて先陣をとる場面を見事な人形組であらわしています。

浄妙山.JPG

 

最後は「南観音山」です。別名「下り観音山」とも呼ばれ、後祭巡行列の最後を行く曳山。楊柳観音像と善財童子を祀り、巡行には諸病を防ぐといわれる柳の大枝を差しています。

南観音山3.JPG

 

 このように、それぞれの特徴に注目しながら巡行を見るとおもしろさが倍増です。祇園祭の歴史をとても感じました。来年の祗園祭も是非、皆様それぞれの楽しみ方で祗園祭を楽しんでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事

カテゴリー

ご宿泊日

人数 人 泊数

お電話によるお問合せ・ご予約:075-223-0111

ベストレート保証:当ホームページからのご予約が一番お得です

綿善の魅力

お宿での過ごし方

綿善便り

おみくじ付き:ホームページご予約特典

各種オプションプランのご案内

日館連やど日本