アーカイブ

TOP > 新着情報一覧 > その他
その他

TDRに再感動☆

2011/05/09

5月9日(月)

昨日の夜にご飯を食べながら何気なくテレビを見ていると、3月11日の東北大震災の時のディズニーランドのドキュメント番組が放送されていました。どんな内容かな?と観ていると、震災の日には施設内に約7万人もの来場者があり、道路の液状化や電車の不通などにより園内に取り残された人達に対してディズニーのキャスト達がどう対応したかというものでした。

私もサービス業に従事しているからか、私はいつの間にか真剣な表情でテレビを観ていたことに気づきました。

私が興味をもったのは、ディズニーのキャストは日々災害時の訓練を受けており、その訓練は最悪のケースを予測して行われるため、今回の震災も多くの人や企業が「想定外」だったのに対し、ディズニーでは「想定内」だったということ。

7万人が4~5日は過ごせる非常食を用意していること。

そして、9割がアルバイトというキャストの人達に、臨機応変にお客様の安全確保をする、という権限を与えているということ。どういうことかというと、ニュースでも放送されていましたが、売店にあるお菓子を無料で配布したり、お土産用の大きな袋(通常は有料)を無料で配布して寒さ対策に使用したりといった行動を、アルバイトが独自の判断でできるということです。

その他にも不安な来場者に対してのキャストの人達の声掛けや、シャンデリアなどの落下の危険がある物の下に立ってお客様が近づかないようにする、などなど…。

観れば観るほど興味が出てきて、自分の仕事にも流用できそうな事例はメモして、その他応用がききそうな事柄にも注意して観てました。

11日に園中で一夜を過ごされた人が言っていましたが、自分達も被災者だがキャストの人達も同じ被災者なのに、常に笑顔で元気づけてくれて冷静に動かれていたのがすごい、と。その通りだと思います。キャストの人達も家に帰る事ができず、家族や友人の安否も気になっているはずなのに、目の前の来場者の人達のことを一番に考え行動する、なかなかできることではないと思います。

本当に勉強させてもらいました。

私共綿善旅館はと申しますと、

防火.JPG

写真のように、優秀自主防火事業所、を京都市長から頂戴しました。

「京都市市民防災センター」という場所があり、我々は従業員が多く参加できる日に行き、様々な訓練を体験しております。

もちろん何も起こらないことが一番良いのですが、災害はいつ何時起こるかわかりません。

平穏な日々が続けば続くほど危機管理に油断が生じてしまいますが、今回ディズニーの災害対策を観て油断大敵という言葉が脳裏に浮かびました。

改めて気を引き締めていきます!

 

過去の記事

カテゴリー

ご宿泊日

人数 人 泊数

お電話によるお問合せ・ご予約:075-223-0111

ベストレート保証:当ホームページからのご予約が一番お得です

綿善の魅力

お宿での過ごし方

綿善便り

おみくじ付き:ホームページご予約特典

各種オプションプランのご案内

日館連やど日本