アーカイブ

TOP > 新着情報一覧 > その他
その他

地蔵盆 ~長くて暑かったあの日の出来事~ BY MR.A

2011/08/25

暑い日が続く中、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ん?

私ですか?

私は去る8月20日(土)に「地蔵祭」の実行委員長を終え、清々しい気持ちでいっぱいであります!(*^_^*)

地蔵祭(地蔵盆)は全国的にも行われているようですが、近畿地域、特に京都では今でも盛んな行事です。

私達は京都で生まれ育っているので、幾度となく地蔵祭を経験しているので何とも思いませんが、京都に引っ越してこられた人たちなどは、全く知らない行事でビックリしたという話はよく耳にします。

皆さんの地元ではどうでしょうか?

 

今日は今年の私の町内での地蔵祭の様子をお届けしようと思います(^O^)長いのでお時間のある方だけどうぞ♪

まずは地蔵祭の用意が前日から始まります。

事前に「精根抜き」を依頼しておき、地蔵祭前日にお坊さんに来てもらいます。お地蔵様の精根を抜いてもらったら、化粧を落とし、今年の化粧担当の方にお願いします。

 

th_IMG_1356.jpg

※精根抜き

 

その後は町内の倉庫へ行き、テントやお地蔵様の祭壇などを取りに行きます。かなりの量の資材があり、中には「舞台」を作るためのパイプもあります。

 


 

 

テントを設営し、お地蔵様の祭壇を置いたら、いよいよお地蔵様をお祀りします。

 

th_IMG_1388.jpg

 

 

ちなみにこのお地蔵様は子供の守り神として祀られています。

地蔵菩薩に関する有名な話があります。

親より先に亡くなった子供は親孝行もできず、親を悲しませたという理由で「賽の河原(さいのかわら)」へ連れて行かれます。そこではいじめてくる鬼のせいで、永遠に終わらない石積みを強制されます。そこへ地蔵菩薩がやってきて、鬼から子供たちを守り、石を積み上げることで子供たちに徳を積ませて、無事に成仏させてくれる、というお話です。

少し話がそれてしまいましたので戻します^_^;

テント設営の後は「舞台」の設営です。

この舞台では夜のイベントである「カラオケ」や、子供の福引などのイベントが行われます。舞台までセットする町内はなかなかありませんね。

さらには子供たちが書いた絵が貼ってある「行灯」を、家の2回のバルコニーからバルコニーへつなげて吊るします。これを見ると、ここで地蔵祭をやっているんだな、というのが分かります。

 

th_IMG_1368.jpg

 

 

そして最後にはテント周りから舞台までを、電球用のソケットがいくつもぶら下がったコードでつなぎます。これには子供の名前が入っている提灯をぶら下げて、夜には電気を入れてお地蔵様に名前を見てもらいます。

と、ここまでで前日の用意は完了。後は明日の本番を待つだけです。ちなみにかかった時間は2時30分の精根抜きから数えると約6時間ほどです^_^;

 

明けて当日。

朝の8時くらいから各イベントの準備に追われます。

精根入れ、数珠回し、子供のおやつ、子供の福引…とイベントは続きます。しかし残念ながら昼過ぎから雨が降って来て、夜のカラオケが危ぶまれてきました。大人の人たちはこのカラオケ中に振舞われるお酒を楽しみにしている人も多いので、夜のイベントがなくなると疲れ損な人もおられます^_^;

 

th_IMG_1375.jpg

※子供のイベント

 

th_IMG_1384.jpg

※精根入れ

 

 

雨の心配をしていると、自分たちの「当番」の時間がきました。当番とは、地蔵祭を行っている通りは警察に事前に届け出を出して、道を封鎖する許可を得ているのですが、その条件として「常に大人が見張りをすること」という項目があります。車が間違って侵入しないようにというのと、子供たちが飛び出してしまう危険があるのでそれを制止する目的もあります。

ちょうど雨がキツくなってきた時間が当番だったので、雨の中で傘をさして2時間くらいは番をしていました(;一_一)雨だったので子供たちも少なく、元々車が少ない通りなので、「孤独」を感じるには十分な環境でした(-_-;)

 

th_IMG_1405.jpg

 

th_IMG_1406.jpg

 

 

 

夜になり、雨は降っているのですが借りてしまったカラオケがもったいないので、とりあえず開始してみました。最初は子供たちのカラオケから始まるのですが、その間も雨足は強まるばかり…。なんとか盛り上げようと集まってくれた人たちに飲み物を配り、カラオケのリクエストを受け付けて頑張ってみました。

しかしながら雨を止ませるまでには至らず、開始から40分ほどでお開きに。まぁ仕方がないですね。

ぞろぞろと帰って行かれる中、私たちは片づけにかかります。地蔵祭は翌日の午前中に大人の福引があり、それで終了になります。

ちなみにこの日は朝8時から夜の8時30分まで外に出ていました。

自分達が子供の頃は、ただ遊んでいるだけでおかしやおもちゃがもらえる嬉しいイベントでしたが、大人になって用意をする立場になるとかなりの時間がとられる「労働」になりますね。

まぁそれも無事に大役を終えてスッキリです☆

さぁて、明日からも頑張ろ!


過去の記事

カテゴリー

ご宿泊日

人数 人 泊数

お電話によるお問合せ・ご予約:075-223-0111

ベストレート保証:当ホームページからのご予約が一番お得です

綿善の魅力

お宿での過ごし方

綿善便り

おみくじ付き:ホームページご予約特典

各種オプションプランのご案内

日館連やど日本