アーカイブ

TOP > 新着情報一覧 > スタッフブログ
スタッフブログ

チャンラー By N

2016/02/29

 

  少しばかり遅めの正月休み。家人と二人で山口・福岡に里帰りしてきました。

  山口では、家人の思い出の場所を早朝から散策、コンビニでコーヒー休憩を取りながら

2時間近くも歩き回りました。ふるさとを離れ30数年経っても、各所で色んな記憶が蘇り、あっという間の2時間でした。さすが瀬戸内地方(西の端ですが)。道すがらのお宅の庭木には橙や金柑など柑橘系の木が多いようです。

s-きんかん

 家人の実家にも金柑が実った木があり、早速収穫。娘たちへのお土産となりました。

s-きんかん2

 福岡では、久しぶりに旧友が仕事を休んで歓待してくれ、懐かしい場所を案内してもらいました。

 夕食は地元の、老舗とも言えるお寿司屋さんで関門の魚を満喫。御馳走様でした。

 

 毎回楽しみにしている、関門海峡に面して建つ「門司港ホテル」に宿泊。

昨年リニューアルされたレストランで朝からシャンパン付きで美味しい朝ごはんを堪能致しました。

s-門司港ホテル和食

 

s-門司港ホテル玄関

旧友は、中学校時代の同級生。もちろん地元情報には詳しく、昼食は「サプライズ」の場所へ案内するということで、門司港「レトロ地区」にある食堂へ。看板には「清美食堂」の名前が・・・。

今と違い、滅多に中学生が外食する時代ではなかった頃、唯一食べることができた「チャンラー」を

復活させ、先代のお嬢さんが店を始めたとのことでした。

 「チャンラー」は、ラーメンの麺が入手しにくかった頃、九州ならではの「チャンポン麺」と「うどん」は普通に仕入れが可能だったとか。

お客さんの要望で、チャンポン麺でラーメン風な一品を作った事が発祥のようです。

あっさりしたスープと、もちもちの麺が懐かしかったです。

今回はチャーハンとのセットを頂きました。

s-チャンラー

平日のレトロ地区は、大型バスが数台。ここでも中国、韓国からの観光客で賑わっておりました。

 

過去の記事

カテゴリー

ご宿泊日

人数 人 泊数

お電話によるお問合せ・ご予約:075-223-0111

ベストレート保証:当ホームページからのご予約が一番お得です

綿善の魅力

お宿での過ごし方

綿善便り

おみくじ付き:ホームページご予約特典

各種オプションプランのご案内

日館連やど日本