アーカイブ

TOP > 新着情報一覧 > スタッフブログ
スタッフブログ

十津川村へ By Mr.T

2012/09/23

日中と夜間の気温差がだんだん大きくなってきました今日この頃…

京都にも少しづつ秋の気配が近づいてきております。

 

そんな日に休みを頂いたので、十津川村へいってきました。

 

奈良県にある十津川村ですが、江戸時代には天狗が棲む村と言われるくらいに山の中にある村なのですが、

それだけに吊り橋が数多くあり、それが近年では観光スポットとなり、多くの方が訪れているようです。

 

朝8時に出発し、いざ奈良へ!!

 

もちろん音楽をかけ、少しの眠気さを払いながら進みました。

 

高速を乗り継ぎ最寄りのICでおり、そこからは暫く山道を行くことに…

 

先ほど言った通り、かなりの山の中にあるとは知っていたのですが、現代の技術云々でカバーされているだろうと思っていたのですが、

川と山に阻まれた道はなかなか険しく、友人が車酔いをしたり、なんだかんだで思ったよりも時間がかかってしまいました。

 

また、この十津川村は昨年の台風で甚大な被害を受けており、道の向こうに崖崩れの跡や、それによりちぎれたガードレール等の

光景が向かう道の途中で何度となく目に入ってきました。

しかし、新しい道やトンネルを作り、瓦礫等の撤去をし、復興へと向かっているのを感じられると、自然の恐ろしさを感じるのと共に人の強さを感じることができました。

 

そんなこんなで山道を進んで行くと、遠目に大きな吊り橋が見えてきました!

 

 

つりばし2.JPG

 

 

この吊り橋は『谷瀬の吊り橋』といい、農業用の吊り橋としては日本一の長さだそうです!

 

少しどきどきしながら渡り口まで行くと、あらためてその大きさを感じられました。

 

覚悟を決めて渡り始めると、やはり吊り橋、なかなかの揺れがあり、子供等は途中で引き返していたりしていました。

 

真ん中くらいにくると揺れが大きくなり、普段そういった物は平気なのですが、少し怖さを感じました。

 

なんとか渡りきりとりあえず一息付いていると、同じく渡り終えた人が隣で「これならさっきの方が怖かったな~」と話していました。

 

それを聞いたらもう行くしかない!!どこにあったかを聞き行ってみると大きさはそんなにですが、横にある転落防止用の綱が少なく、

確かにこれは…となる吊り橋でした。

 

この他にもこの十津川村にには数多くの吊り橋がや、一人乗りの『野猿』と言われる谷をわたる籠等があり、

大自然を感じながら楽しめるスポットが沢山ありました。

 

 

野猿.JPG

 

 

 

一日では全部回れなかったので、次は温泉旅館でも予約してゆっくりといきたいな~~(^^)

過去の記事

カテゴリー

ご宿泊日

人数 人 泊数

お電話によるお問合せ・ご予約:075-223-0111

ベストレート保証:当ホームページからのご予約が一番お得です

綿善の魅力

お宿での過ごし方

綿善便り

おみくじ付き:ホームページご予約特典

各種オプションプランのご案内

日館連やど日本