アーカイブ

TOP > 新着情報一覧 > スタッフ旅日記
スタッフ旅日記

京都観光 VOL.1 BY Mr.A

2011/05/16

5月15日(日)

京都では京都三大祭りの一つ「葵祭」が行われましたが、私はというと休日だったので葵祭を横目に京都観光をしてきました(^^)

前々から行こう行こうと思いつつ、なかなか行けなかったのですが、丸一日を使って堪能してきました!

ちなみにこの日は快晴で、歩いていると暑くて汗が出るくらいでした(><)

 

まずは綿善旅館の最寄りの地下鉄の駅がある「四条烏丸」のバス停から207系統の市バスに乗り込み、意気揚々と世界遺産・清水寺に向かいます。

th_バス.jpg

動いているバスとは思えないくらいのベストショット。清水寺、東福寺へはこのバスでどうぞ。

清水道のバス停で降りて、すぐ近くにある八坂通りを曲がると、

 

th_八坂の塔.jpg

宝観寺の八坂の塔が見えます。石畳の道の先に建つ八坂の塔が「京都」を存分に感じさせてくれます。

八坂の塔の横をするりと抜けて行くと、

th_道.jpg

このような坂道が続きます。ここを登っていくと三寧坂に繋がります。

この通りには、

th_文の助.jpg

「文の助茶屋・本店」があります。TVなどでもよく紹介されているお店で、お抹茶(わらびもち付)が人気です。

本店のみ修学旅行生割引をされてます。

さらに歩いていくと、三寧坂にある「明保野亭」が見えてきます。

th_明保野亭.jpgここは坂本龍馬が常宿の一つと言われています。ランチもやっていて、一人の予算がだいたい2,500円~3,500円ほどで湯豆腐や湯葉などが楽しめます。

 三寧坂を登って清水坂に出て、賑やかなお店の間を抜けて行くといよいよ清水寺が姿を現します。

th_清水正面.jpg

暑い日に二年坂~清水寺まで一気に登ってくると、それだけで体力をかなり消耗しそうですが、そんな疲れも吹っ飛びそうな景色が…

これだ。(ザ・ベストハウス123風に)

1✍,2✍,3✍…

th_清水西門横.jpg

京都市内が一望です(*^^*)

西門のすぐ横にこの景色が見れる場所があります。空いているので、清水の舞台の前に写真を撮る絶好のポイントですよ(^^)

ちなみに西門の間からの景色も…

th_清水西門.jpg

ちょっと伝わりにくい写真になってしまいましたが、額の中の絵の様に見える感覚です☆

そして…

th_清水舞台.jpg

ご存じの清水の舞台。

新緑の季節も爽やかで綺麗ですよ☆

さらに新緑の季節ならではの美しさがこちら。

th_清水舞台裏.jpg

どうですか?私はこの角度から上を見上げて良かったと思いました(^^)

ここは舞台の真下なので、舞台の木組みが見えるこの写真は「清水の舞台裏」と名付けました(^^;)

清水の舞台裏から少し進むと、お茶屋さんなどがあり、その一角に池があります。

天気がよかったので、池の住人もひなたぼっこしてました☆

th_池と亀.jpg

一通り清水寺を堪能してふと時間を見ると11時。

ちょうど良い時間でした。

何に対して良かったのかというと、この日のランチは湯豆腐を「奥丹清水」でいただこうと計画していて、11時からお店がオープンだったからです。

どうせなら比較的空いているであろう時間帯に行ったほうが、お庭をゆっくり眺めながら食事できるかなと期待して行ってみると、バッチリお庭が見える端の席に座れました(^^)

奥丹清水さんは1635年創業という老舗中の老舗で、小川が流れる600坪のお庭が四季を感じさせてくれます。

th_奥丹看板.jpg

th_奥丹正面.jpg

th_奥丹庭.jpg

ゆったりと流れる時間を感じつつ話をしていると、お待ちかねの湯豆腐を運んできてくれました。

私がいただいたのは「おきまり一通り、3,150円」で、おしながきは<ゆどうふ 木の芽田楽 とろろ汁 胡麻どうふ 精進天ぷら ごはん 香の物>です。

th_奥丹湯豆腐.jpg今まで食べた中で一番美味しい湯豆腐でした(*^^*)

木の芽田楽や精進天ぷらも美味しく、印象に残るお味でした☆☆はっきり言ってオススメです♪

 

お昼からちょっと贅沢な時間を過ごし、お昼からの観光ルートを練って出発しました。

お昼からの京都観光はまた次回お届け致します(^^)/

 

 

過去の記事

カテゴリー

ご宿泊日

人数 人 泊数

お電話によるお問合せ・ご予約:075-223-0111

ベストレート保証:当ホームページからのご予約が一番お得です

綿善の魅力

お宿での過ごし方

綿善便り

おみくじ付き:ホームページご予約特典

各種オプションプランのご案内

日館連やど日本