アーカイブ

TOP > 新着情報一覧 > スタッフ旅日記
スタッフ旅日記

九州初上陸の旅 BY Mr.A

2011/06/26

久しぶりの連休があったので、今年はまだ行っていなかった旅行に行ってきました!

仕事終わりが16時だったので、その日の19時前の新幹線に乗り、21:30頃には博多に到着する予定でチケットを取りました。

th_新幹線.jpg

どこへ行くにも車移動が多かったので、本当に久しぶりな新幹線でした。

なかなか乗らない者の先入観というか、旅の新幹線と言えば「駅弁」という安直な発想で駅弁を買い込みます(^^)

 

th_京都弁当前.jpg

 

 

th_京都弁当後.jpg

 

これで完全に旅気分♪

食べているうちに高揚してきますが、疲れもあったので食後はすぐに眠りにつくことに…。

まぁ仕方がないですね(^^;)

少し休んで元気になったところで博多に到着☆

駅弁は食べましたが、せっかくの博多なのでラーメンを食べに行く事にします(^^)

博多駅から徒歩10分ほどのところにあるキャナルシティにある「一蘭」へ。

 

th_一蘭外観.jpg

 

この一蘭さんのキャナルシティ店では、

 

th_一蘭お重.jpgth_一蘭お重開き.jpg

 

ご覧のようにお重の陶器に入ったラーメンをいただけます☆

豚骨ラーメンを食べて博多に来ているということを実感(^o^)

美味しかったですね☆

 

th_一蘭座席.jpg

 

ちなみに座席はこのように一つ一つが区切られていて、隣を気にせずに食べられるようになっています。

この「一蘭」は今月15日に京都店がオープンしました。

綿善旅館からも徒歩7分ほどの距離なので、ランチやお夜食にどうぞ☆

さすがに夜も遅かったので、この日はこのくらいにしてホテルでゆっくり休む事に。

 

明けて翌日。

朝一からレンタカーを借りて、博多から一路「熊本城」へ出発!

1時間30分ほどで行ける距離だったのがちょっとびっくりでした☆以外と近いんですね。

到着した熊本城は遠目に見ても「黒壁」が目立っており、他のお城とは違うオーラを放っていました。

 

th_熊本城遠目.jpg

気温は33度か34度くらいはあったと思います。お城に近づくまでちょっと距離があり、暑さのせいでかなり遠く感じます(><)

 

 

th_熊本城.jpg

 

おや?

立派なお城の前に何かいますよ?

 

th_熊本城ひごまる.jpg

 

出た!ゆるキャラ「ひごまるくん」!

はっきり言ってかわいいです(*^^*)

高野山へ行った時の「こうやくん」も良かったのですが、この「ひごまるくん」もかなり良いですね☆

ひごまるくんとの記念撮影を終えて、いよいよ熊本城内へ攻め入ります!

城内には加藤清正や熊本城に関する歴史のことがいろいろと展示してあり、当時の船や駕篭などもありました。

そして天守閣から見る景色は、

 

th_熊本城天守閣.jpg

 

ご覧の通り(^^)

気持ちのよい風も吹いており、気分上々。

しばらく眺めていると、下のひごまるくんがいる辺りに特徴のある長い兜をかぶった鎧武者が!

あの兜は…加藤清正!!

まさかの城主の出現にびっくりしましたが、是非写真を!と思い、下に駆け下りて行きます。

そして城外に出ると加藤清正が……いない(ー_ー)

10分とたっていないのに(T-T)

でも熱中症の恐さは分かるので仕方がありません。でも残念無念。でも…、でも…という感じで諦めきれずにいましたが、お土産物屋さんをみていると気分も良くなって、いつのまにか忘れていました(^^)

その後、御殿の中に入り、

 

th_熊本城将軍.jpgth_熊本城天井.jpg

 

上写真の「将軍の間」や、下写真の「将軍の間の天井絵」などを見てまわりました。

熊本城はかなり楽しめましたね☆☆

 

そしてその後は本日の宿へ向かいます。

宿のある場所は「湯布院」。

熊本城から車で約2時間30分ほどで行けるとナビには表示されています。

ナビの残り距離が1キロ、また1キロと減っていくのを見ながら車を進めていきます。

湯布院駅から約15分。宿に到着です。

 

th_由布乃庄外観.jpg

 

中に入ると、

 

th_由布乃庄ロビー.jpg

 

いろりがあって雰囲気満点!部屋も離れの部屋で岩風呂付き!

早速夕食前に4つある露天風呂に入ってみることにします☆

 

th_由布乃庄寝湯.jpg

 

こちらは4つの内の一つ「天の川の湯」。寝湯と名付けられていましたが、寝転がってお湯に浸かれて、夜ならライトを消して星を眺めながら入れるという趣向です(^^)実際に夜に入ってみましたが、本当に綺麗に星が見えましたよ☆

温泉を全て堪能した後はお楽しみの夕食♠

 

th_由布乃庄夕食.jpgth_由布乃庄肉.jpgth_由布乃庄鍋.jpg

 

馬刺、豊後牛、地鶏、地元でとれた山菜の天ぷら…。どれもこれも美味で、ゆっくりと味わいながら一つ一ついただきました。今までは海側へ旅行に行く事が多かったのですが、久しぶりの山で山菜やお肉の良さを改めて実感しました☆☆

ごちそうさまでした。

 

そして夕食後の温泉、部屋風呂の温泉をさらに堪能して、翌日の観光に備えてぐっすりと眠ることにしました。

 

 

 

 



 

過去の記事

カテゴリー

ご宿泊日

人数 人 泊数

お電話によるお問合せ・ご予約:075-223-0111

ベストレート保証:当ホームページからのご予約が一番お得です

綿善の魅力

お宿での過ごし方

綿善便り

おみくじ付き:ホームページご予約特典

各種オプションプランのご案内

日館連やど日本