アーカイブ

TOP > 新着情報一覧 > 京都情報
京都情報

伏見稲荷のお山に登ってきました♪ By Mr.T

2020/03/23

最近の京都はどこも空いているという情報を小耳に挟んだので、実際の所を確かめたく伏見稲荷に行ってきました。(本当は思い付きとノリでいきました笑)

 

思い付いた時間が遅かったので、伏見稲荷駅に到着したのは17:00過ぎでした。

夕暮れに間に合うと一緒に行った友人が言うので、慌ててお山を登る事になりました。

伏見稲荷は多くの方はいわゆる千本鳥居の付近までしか行かれませんが、そこから先にずっと道が伸びており、往復で1時間半程度のコースがあります。

地元の人間が「お山に登る」という表現の通り稲荷山を登るのですが、ほとんどの道は階段があり頂上までの途中には社が沢山あるので、楽しみながら散策気分でいける良いハイキングコースになっております。

とは言え前記の通り夕暮れの時間が迫っていたので大急ぎで登っていくとさすがに息が切れてしまい、日頃の運動不足を痛感しました(*_*)

なんとか頂上手前の展望台風の所にたどり着いた時にはちょうど夕暮れ前のとても良いタイミングで、京都西山に沈む夕日を見ることができました。

伏見稲荷 夕暮

 

時間のせいもあったかとは思いますが、全体的に人は少なめだったかと思います。

千本鳥居も半分駆け足で駆け抜けたのですが、それができる位の人の量でした。

それでも和服を着た女性や外国の方々が、楽しそうに写真を撮ったりされている姿を見て、やっぱり人気の観光地なんだなーと感じました。

 

後日、伏見稲荷のすぐ近くに住む友人と話していると、近年は本当に多くの人が朝から晩まで押し寄せ、昔はよくお山に登っていたのに最近は登れなくなったと言っておりました。

ただ、今のような人が減り寒々しい事もある伏見稲荷を見るのも、寂しい気持ちになるとも言っておりました。

 

交通混雑や地元の人間が迷惑している等、観光公害が取り上げられていた京都ですが、「閉鎖的だけど新しい物好き(私の主観です)」の不思議な気質で、観光客が減っている時だからでこそ、今後に上手くつなげられるような仕組みを考えて行きたいなと思いました。

 

最後はよくわからない感想になってしまいましたが、皆様も伏見稲荷に行かれる事がございましたら、是非お山の頂上まで行ってみて下さいませ。

(幸い翌日の筋肉痛はなかったです☺)

過去の記事

カテゴリー

ご宿泊日

人数 人 泊数

お電話によるお問合せ・ご予約:075-223-0111

ベストレート保証:当ホームページからのご予約が一番お得です

公式ホームページご予約特典

綿善の魅力

お宿での過ごし方

宿泊施設にケーキをお届け

※掲載されている綿善旅館の口コミはトリップアドバイザーより提供を受けています。